マンダリンが脱皮しました

今日のお昼頃、いつになくマンダリンが元気だったので、もしかしたらと思いみていると、脱皮しました。

コーンスネークは(というかヘビ)は、頭から脱皮を始めます。鼻先を壁にグリグリして皮に少し穴をあけます。で、中身(本体?)を押し出して鼻先の皮を二つに割きます。

今日はあまり大きな音はしなかったのですが、壁から頭を離した数秒後に「クシャ」という音をたてます。

そのあと首まで二股に脱いでいき残りは調子が良ければそのまま1本脱ぎをします。頭の部分が脱げたときはフードを付けているみたいでかわいいです(^^)

乾燥したりして調子があまりよくない時は、脱皮不全といって部分的に皮が残ることもあります。今の時期は湿度も高いので特別な湿度対策はしていませんでしたが、ちゃんと脱いでくれました。

以前、一度コーンスネークのラベンダーが尻尾の先のみ皮を残していたことがありました。脱皮から2日近くたっていたので皮も硬くなってて少し焦りましたが、水にぬらすとスムーズに抜けました。

意外と尻尾の先端は気づきにくいので、脱皮のたびにチェックしてあげることをおすすめします。次の脱皮の時に一緒に脱ぐこともありますが、それでも脱がない場合は皮がついている部分だけ壊死することもあります。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です